2017年01月16日

前夜のセンチメンタル

本日やまだのむら最終稽古でした
稽古後に飲みに行ったりご飯行ったりしないこの座組、今日も最終稽古だというのにみんなまっすぐ帰宅しまして、かといって飲みに行きたいようというのもなく、でもなんかちょっと一杯って夜だったので、久しぶりに家で一人で晩酌してます
ていっても氷結もも味一缶だけね、しかも短いやつ、最近お酒の量超減りました

なんでだろうね、あ、お酒飲みたいってふと思うって、今日の稽古がすごく楽しかったからかなあ
あ、これお客さんに観せたいって素直に思う瞬間が至る所にあったからかな、意味わかんないくらい楽しくて面白い瞬間がたくさんあったからかな

今回の公演は二人の脚本演出家さんが互いの脚本を交換して演出し合うというもので、要するに本を書いた人間というのがいない座組なのですね
いつ振りかなあそんなの、絶区シアターでいやむしろわすれて草やった以来かなあ
だからまずみんなで脚本を紐解くとこから始まり、どうすれば面白くなるかをあれこれ考えた結果本を読んだ時の印象とは全然違うものが出来ました、寿司とカルフォルニアロールくらい違いものが出来ました、いやもっとかな、寿司でオムライス作ったみたいなそんな感じ
で、この感覚というか作業の楽しさが何かに似てるなあって思ってたらあれだった、七人の語らい
だから七人ってやっぱり集団が創作する話なんだなって気付いたのと、集団で何かを作る上で一番大事な感覚ってあれなんだなっていうのと、要するになんだ、すごく面白い作品が出来たよ

て思えるのは演出家の國吉さんの力だなって、國吉さんは同い年だけど私と違って人を引っ張るパワーがあって、良いも悪いも素直にお話ししてくださる、妥協しない、人を置いていかない、ぷんすかした時は素直にぷんすかする、あと恥ずかしいという感覚がちゃんとある、言い出したらきりがない
とにかくこの人が中心にいるから頑張れた感があります、あとはもう、お客さんに見せるだけ、いやその前にもうちょっとだけお化粧直したいかなって感じ、でもほんとそれくらい、面白い作品が出来ました

やまだのむら観に来てね
posted by 沈ゆうこ at 01:41| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。